2010年04月20日

<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、地元の岩手県奥州市水沢地区で、後援会関係者ら約2500人(主催者発表)を体育館に集め、父佐重喜氏、母みち氏の「偲(しの)ぶ会」を開いた。鳩山内閣の支持率が急落し、小沢氏の辞任を求める世論も7、8割に達する中、年忌法要でもない時期の大法要は、143人の議員団を率いた昨年の訪中や、自宅に166人の議員を集めた今年の新年会と同様「数の力」を頼む権勢誇示との指摘もある。小沢氏は法要で「本当に最後の総仕上げ、最後のご奉公だ」と強調したが、地元という自らの「原点」で示した強気の陰には、追い詰められた権力者の孤独もかいまみえる。

 ◇地元も揺らぎ、「数の力」に頼る

 「何としても日本に民主主義を定着させ、国民生活を末永く安定したものにする。私も残りの人生を頑張ってまいりたい」

 小沢氏は偲ぶ会でこう語り、支援者一人一人を握手で見送った。小沢氏の意向で法要には地元以外の国会議員は呼ばれず、達増拓也岩手県知事と今夏改選の2人の地元参院議員が指名を受けて焼香した。小沢氏に近い党幹部は「『お前たちは地元でこれだけ集められるか』という、党内へのデモンストレーションだ」と解説する。

 小沢氏は95年3月、今回と同じ水沢体育館で母みち氏の葬儀を営み、約4000人を集めた。94年暮れに新進党を結成したばかりの小沢氏にとって、1カ月後の統一地方選と夏の参院選に向け、幹事長として力量が問われる正念場だった。

 葬儀には小沢氏が岩手県知事選への擁立を主導した増田寛也氏も参列。統一地方選で増田氏は初当選を果たし、95年参院選で新進党は40議席を獲得し改選議席を倍増させた。この時の勝利が念頭にある小沢氏は、今回の法要も「水沢体育館でやれ」と指示。今月12日の記者会見で「(地元に)僕が行けば必ず数千人集まる」と強調していた。

 しかし、小沢氏を取り巻く状況は厳しさを増している。20日にも自らの資金管理団体を巡る事件で検察審査会の議決がでる可能性がある。21日には党首討論、22日には鳩山由紀夫首相の元秘書の政治資金規正法違反事件の判決というハードルも控える。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の混迷で首相と小沢氏が退陣する「5月政変」の可能性もささやかれる。

 初当選以来小沢氏を支援してきた地元後援会関係者でさえ「水沢でも『何でもっと身の回りをきれいにしねえのや』と言う人もいる。法要に誘っても足踏みする人もいた。足元が崩れかかっている」と疲れた表情で語る。

 小沢氏が師と仰ぐ故田中角栄元首相は、ロッキード事件の1審有罪判決後、竹下登蔵相(後に首相)の父親の葬儀に国会議員約100人を率い、チャーター機で島根入りした。逆境をはね返そうと強気に出る姿は、「訪中」「新年会」「大法要」と一連の行動で数に頼る小沢氏と重なって見える。

 ◇「誰にも相談しない」

 しかし、なぜ両親の法要なのか。小沢氏は68年に死去した佐重喜氏について「親しみというか、父子の情愛というか、そういう情緒的な思いは、あまり持っていなかった」(80年出版の「人間小沢佐重喜」への寄稿)と語っている。

 「最後の奉公で頑張る」(小沢氏)とした07年参院選前の4月、小沢氏は鹿児島県の故二階堂進元自民党副総裁の墓前で手を合わせた。昨年8月の衆院選直前にも、父佐重喜氏の墓参りの後、郷土出身の原敬元首相の墓参りをしている。

 「何か決める時、小沢さんは誰にも相談しない」(側近議員)。小沢氏にとって、ここぞというときに頼れるのは物言わぬ「仏」だけなのかもしれない。【念佛明奈】

【関連ニュース】
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
小沢幹事長:衆院選マニフェスト見直さず
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省
小沢幹事長:5月の訪米見送り

鳩山首相、学校耐震化「予備費も念頭に…」(産経新聞)
討論 郵政改革案 岸博幸氏「民業圧迫は許されない」(産経新聞)
密約開示判決 「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調(毎日新聞)
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年(産経新聞)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏−普天間(時事通信)
posted by セキモト スミコ at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

<宇宙飛行士候補>訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】「すぐにでも宇宙に行きたい」−−。宇宙飛行士候補の油井亀美也さん(40)、大西卓哉さん(34)、金井宣茂さん(33)の3人が11日午後(日本時間12日早朝)、訓練を受けているジョンソン宇宙センターで会見した。山崎直子飛行士(39)が乗り組んだスペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げを初めて間近で見て「感動した」と口をそろえた。

 油井さんと大西さんは昨年3月、金井さんは同9月、候補として日本の宇宙航空研究開発機構に採用された。ジェット機に乗り組んで計器観測、通信、操縦などを同時にこなす訓練、搭乗機が不時着したことを想定したサバイバル訓練、ロボットアーム操作、ロシアのソユーズ宇宙船に乗り組むためのロシア語など多彩なプログラムに取り組んでいる。

 操縦経験のない医師の金井さんは「(パイロットの)油井さん、大西さんにも教えてもらっています」。3人の口からは「(引退する)スペースシャトルに乗れる人がうらやましい」との本音も。

【関連ニュース】
山崎直子飛行士:巨大コンテナ取り付け作業開始
山崎直子飛行士:野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影
山崎直子飛行士:長女の選曲で最初の朝
山崎直子飛行士:ISSが日本海上空を通過
山崎宇宙飛行士:ISSで野口宇宙飛行士と対面

<在沖縄海兵隊>「北朝鮮核除去」の役割認める…防衛政務官(毎日新聞)
与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)
山中に犬の死骸100匹=ペット処理業者、不法投棄か−埼玉(時事通信)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)
posted by セキモト スミコ at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

普天間問題で社民がテニアンに視察団(産経新聞)

 社民党は8日の常任幹事会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先として同党が主張している北マリアナ連邦(サイパン、テニアン)に視察団を派遣することを決めた。党沖縄基地問題対策プロジェクトチーム座長の照屋寛徳国対委員長を団長に9日から11日にかけて現地入り。テニアン市長らと米海兵隊誘致に関する確認や意見交換を行う予定。

【関連記事】
「シュワブ陸上」なら政権崩壊 阿部知子社民政審会長
「(社民は)政権担う自覚を」 普天間問題で岡田外相
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」
「普天間」県内か県外か 迷走続く鳩山政権
普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相
<メッセンジャー>暴行事件で謹慎中の黒田、4日に舞台復帰(毎日新聞)
<ハイチ大地震>また笑顔で筆を 愛知・岡崎で絵画展開催へ(毎日新聞)
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定(医療介護CBニュース)
「荒川決壊なら死者3500人」(産経新聞)
検察官役の弁護士追加 JR西3社長起訴議決で4人目(産経新聞)
posted by セキモト スミコ at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。