2010年03月23日

ナシ 受粉作業ピーク 福岡・朝倉(毎日新聞)

 福岡県朝倉市でナシの花の受粉作業が最盛期を迎えている。

 同市の荷原梨団地にある渕上洋さん(58)のビニールハウス内では、125本の「幸水」の木に白い花が満開。先に鳥の羽根を付けた棒で石松子(せきしょうし)という増量剤に花粉を混ぜ、丁寧に雌しべに着けていく作業が行われていた。

 「幸水」は甘味が強くて人気。ハウスものは天候に左右されず花は順調に咲いており、ほぼ例年通りの収穫が期待出来そうという。 渕上さんは「安全で安心なナシを作るように心がけている。是非甘くて美味しいナシを味わって欲しい」と話す。【矢頭智剛】

【関連ニュース】
ナシ:春を告げる開花 ハウスの「幸水」満開 /大分
香住梨高品質コンクール:「日本一に」 福本さんら9人表彰 /兵庫

鳩山首相 COP15「成功に終わったとは言えない」(毎日新聞)
死亡した男児、愛情遮断症候群か 低身長の要因に 奈良の餓死事件(産経新聞)
女性下士官の身柄拘束=当て逃げ、飲酒運転か−在沖米軍(時事通信)
自殺 住職の妻、歯止めに一役…対策マニュアル作成(毎日新聞)
病院機能評価の医療への影響で初の調査結果(医療介護CBニュース)
posted by セキモト スミコ at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。